海外サイトで直接買ったほうが安い?

日本で売られている輸入品、海外の直営サイトを見たら、価格が断然安い。
直接買ったほうが、お得だ。
商品価格だけを見て、そう考えられるお客様は、少なくありません。
どうして、急にそんなこと言いだしたかというと、今日、お客様に突っ込まれたから。
果たして、そうでしょうか?
たとえば、弊社で取り扱っているBedHead Pajamas(ベッドヘッドパジャマズ)のレディースパジャマのアメリカの直営サイトでの標準価格は$140です。
もちろん、商品によって価格は違いますが、この価格帯が一番多いと思います。
日本から、直営サイトで購入した場合、お客様は考えます。
140ドルは、117.5円(2016.12.19)だから、16,450円ね…と。
まず、ここで第一の誤算。
為替レートと実際に買い物をする時のレートは、違います。
海外サイトでは、おそらくクレジットカードでお買い物をされると思いますが、VISAやMasterだと、為替手数料が1.63%です。(カード会社によって違います。)
じゃあ現金で買えばいいかっていうと、現金は、円からドルに両替する時に手数料がかかっています。
つまり、1ドル117.5円ではなく、119円です。
厳密には、それぞれのカード会社が独自のレートで換算するので、1ドル117.5円という定義も正確ではないのですが、大きくは違わないはずです。
なので、商品価格は16,450円ではなく、16,660円です。
そして、BedHead Pajamasの場合、日本への送料は$50です。
($140+$50)×119円=22,610円
日本に送られると関税と消費税がかかります。
20万円以下の場合は、簡易税率の10%が適応されるので
22610円×10%=2,261円
そして、消費税8%は、内国消費税6.3%と地方消費税1.7%にわけて計算されます。
内国商品税:(22,610+2,261)×6.3%=1,566円
この1,566円に対して、地方消費税がかかります。(100円未満切り捨て)
1500×17÷63=404円
全部足してみましょう。
16660+5950+2261+1566+404=26,841円
16,450円で買ったつもりが、実際に支払う金額は26,841円です。
ちなみに、日本での定価は、24,500円(税込26,460円)。
しかも、日本語のケアラベル(洗濯表示や素材の表示等)付き、日本国内での検品・検針付き、納期が早い&万が一の時は、日本語で問い合わせ可能というメリットがあります。
ただ、悲しいことに、輸入品販売業者の中には、それを怠っているところがあるのも現実です。
ケアラベルとか、法律で定められているんですけどね…それは、また別の機会に嘆くとします。
話が、それました。
海外サイトと日本の販売店、どちらで買うか迷った時に、参考にしてみてください。
ただし、関税率は品物によって異なりますし、相手国によっては免税されるところもあります。
それから、1万円以下(送料等々込みで)の商品も、免税です。
また、送料設定は各社異なりますし、最初から送料・関税等々込々価格で販売している海外サイトもありますから、利用規約をよく読んでから利用されるのがオススメです。
あっ、そうそう。
今七セント半では、BedHead Pajamasに限らず、ネットでも実店舗でも、店内全品、大、大、大セール中&クーポン放出中ですので、海外サイトで直接買うより、断然お得です。
お後がよろしいようで。
特に、12月20日23時59分までなら、Yahoo!店がオススメ。
 

渋谷七セント半 Information

レトロファッションとギフトにもオススメのインポートパジャマや雑貨を展開するセレクトショップ、渋谷七セント半からのお知らせ